タバコとビタミン
サプリメントとアルコール
アミノ酸の量
精力アップ
知恵袋で精力剤について調べてみた。
偽物が多いバイアグラ
日本には"うなぎと梅干"や"カニと柿"といったような取り合わせで食物を一緒に食べると体に悪影響を及ぼす、つまり"食べ合わせが悪い"という昔からの言い伝えが残っています。

現代社会では普段の食事からだけでは十分な栄養が得られないということでサプリメントを利用して栄養補給をする人もおおいと言われています。

では、特定の食品やサプリメントを一緒に摂った時に効果が減弱したり悪影響を表すことはあるのでしょうか?

脂肪分と冷たい水分を同時にたくさん摂ると体が冷える上、消化液などが薄められた状態で脂肪分を分解しなければならなくなるため、消化器官の負担が大きくなると言われています。

また、お茶に含まれるタンニンが鉄分やミネラルと化学反応を起こすと言われ、鉄分やミネラルを含む食品やサプリメントとお茶の組み合わせは好ましくないとされています。

ただ、全ての成分が失われるわけではないので薄いお茶ならその影響はほとんど無く、最近では薬やサプリメントを飲む際に"禁茶"にはあまり意味がないとも言われるようになりました。

そして表面がコーティングされている錠剤やカプセルのサプリメントはアルコール度数の高い飲み物と一緒に飲むと溶ける速度が速まることがあります。

腸まで栄養成分を届ける必要があるサプリメントはお酒で飲まないようにした方が良いでしょう。
日本の健康ブーム
サイト規約
当サイト編集者情報